鹿屋市/歯科/歯科医院/噛み合わせ/インプラント/義歯/審美歯科/一般歯科/歯周病治療

〒893-0032
鹿児島県鹿屋市川西町4448-12
TEL: 0994-41-5888

インプラント

志布志駅の下浜歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

 

Q&A

 

 

Mobile Site

QRコードからモバイル専用ページがご覧いただけます。

インプラント

歯はなるべくなら削らない方が良い
なぜなら歯は体の中で一番硬いところ
それは何故?
・体重分ぐらいの力がかかることもある
・硬いものを食べる、体を支える
だから1~2本歯が無くなった時、できればその両脇のきれいな自分の歯を削らない方が理想的であります。

 

ブリッジの欠点

橋渡しの被せをブリッジと言いますが、何年か経つと歯が無い所を支える両脇の歯に負担が来て横からむし歯になり、場合によっては神経までむし歯が進み、神経を取り、またブリッジをして何年か経って神経が無い歯は弱いので歯が割れて抜歯しなければならなくなる場合が多いのです。
その後は橋渡しの被せができなくなり取り外しの入れ歯になります。

 

インプラントとは

 

入れ歯の欠点

残っている歯にバネを掛けて支えるので、数年後、その歯に無理が来て歯が揺れてきて抜歯になり、入れ歯が大きくなり最後には総入れ歯となります。

 

インプラントの利点

・両脇の歯を削らずに、歯が無い所に単独で歯を作る事が出来るので、咬む力を分散できて残っている歯を守る働きがある。
・土手で支える入れ歯と違い、違和感が少なく骨で直接支えるので咬む力が全然違う。
(入れ歯の歯はプラスチックですが、インプラントの被せは金属やセラミックなどの硬い材料を使う)

 

インプラント

 

歯科用CTを導入

当院ではインプラント治療の診断を確実に行うために、歯科用CTを導入しております。
この検査で歯が無い顎の骨の形がミリ単位で精密にわかります。

 

歯科用CT

 

歯科用CT

 

歯科用CT

 

Page Top

PRP(多血漿板血漿)CGF

当院ではインプラントの処置の前に採血を行い、それを遠心分離し血小板という治りが良くなる成分を取り出し、インプラントの部位に使用しております。
またインプラントを予定している部分の抜歯は周りの骨がなるべく無くならない様に特殊な器具で抜歯を行い、このPRPと骨が出来やすい様にハイドロキシアパタイトという成分を抜歯した所に入れ、そこの歯茎が落ち込まない様に、特殊な膜で覆います。

 

PRP

 

GBR(骨造り)(骨のできる量は個人差があります)

レントゲンで黒い所は骨が歯周病で溶けてなくなっている所です。

 

GBR

 

残っている骨がとても少ない場合(上顎) サイナス・リフト

どうしてもインプラントをしたいが残っている上あごの骨が少ない場合、詳しい検査を行い骨造りをしてインプラントをする場合もあります。それをサイナス・リフトと言います。この処置の場合は歯科麻酔専門医の先生に来て頂いて、点滴の中から鎮静剤を使い、不安を取り除き、ふわっとする気分のまま処置が受けられる様な体制を取ってあります。普通のインプラントの処置でも希望すればこのような体制で行います。

 

サイナス・リフト

 

Page Top